2017年10月5日木曜日

ファンタジーの世界でのお店体験アプリ「アイテムショップ」リリースしました

ファンタジーの雰囲気の中でアイテムを売ったり合成したりして新しいアイテムを作るアプリ「アイテムショップ」をリリースしました。

前回の更新からかなり間があいてしまいましたが、その間アプリとしては「ぼくもできるエレベーター」「ぼくもできる回転寿司🍣」という子供向けアプリや、「ありえんごーほーむ」「ありえん蚊プチャー」というありえんシリーズのゲームアプリや、HoloLensのアプリとして「Vending Machine」「Catch people」をリリースしていました。

今回リリースしたアプリ「アイテムショップ」は、前々から作りたいなー作りたいなーと思っていたのですが、色々と先延ばしになりなかなか着手できなかったのですが、ようやく制作することができたアプリです。😄

私、こういうちまちまアイテム合成して売るっていう類のゲームが好きなんです。
新しいアイテム見つけた時の嬉しさとか、少しづつ増えていくアイテム一覧とか。始まりは子供の時にやったマリーのアトリエが最初のきっかけかなぁ。
なので、最近リリースしていた子供向けアプリ等は自分の子供が喜ぶかなーという観点で作っていましたが、今回のこのアプリは完全に自分のために作ったというかんじですね。

ファンタジーの世界っていうのも好きだったので、
背景はUnityのAssetストアで購入した「Top-Down Interiors」を使わせていただきました。このパッケージは暖炉や松明の炎も置くだけでパーティクルやライティングもセットされているので簡単に雰囲気が出るし、ポリゴン数少ない割にテクスチャの書き込みが細かいので、モバイルに向いているしということで、とても良かったです。

キャラクターもアセットストアで購入できれば良かったのですが、思っているようなセット等がなかったので、人物達については自分で3Dモデルやテクスチャを作成しました。

制作期間は他のアプリに比べて少し時間がかかったのですが、出した後にも色々バグが見つかり、慌ててアップデートしたりしていますが💧、プレイしてくれた人たちからも色々レビューをいただいて、応援していただいているのが嬉しいので、少しづつアップデートしてさらに楽しめるアプリにしていけたらなぁと思っています。

2016年8月5日金曜日

Unity Pro 安くなりましたね + 子供生まれました

先日より、UnityProが値下がりしましたね。
月額27,000だったのが、新しいUnityProに切り替えたら請求が12,581円になっていました。

今までなかったUnityPlusというプランも新しくできたようなのですが、
Proの契約を始めたのが去年の12月だったので、今年の12月までUnityProの契約を続けないと行けないというところがあったので、もうそれだったら、新しいProで契約しようかという話になりました。

噂のポケモンGoもUnityで作られているそうですし、ここでこれだけ値下がりしたら、さらにUnity使って開発する人が増えそうですね。
DigitalGeneとしても、もう少しUnityで開発したアプリをリリースしたいと思っています。



----------

話は変わりますが、
更新がしばらく止まっていましたが、先日3人目が産まれました。
現在生後1ヶ月。元気に成長してくれています。


2016年1月12日火曜日

"月と地球と太陽と"をリリースしました

Unityアプリとしての第4段、「月と地球と太陽と」です。
今回はゲームや幼児向けアプリではなく、教育の補助的なアプリとして作成しました。
初期バージョンは機能が少ないですが、余力があれば「この月の時には太陽がどの位置にある?」等の問題を答える、さらに勉強に役立つような機能をつけていけたらと考えています。

とりあえず、Unityを触りだして、3Dで作ってみたいと考えていたアプリを複数作ってみました。
また、何かアプリアイデアが思いついたら作っていきたいなぁと思います。

2015年12月16日水曜日

ぼくもできる バスボタン リリースしました

本日、Unityアプリ第三弾、「ぼくもできる バスボタン」リリースしました。
Appleストアは審査が通れば、数日中にリリースされると思います。
(クリスマス休暇にぶち当たったら、まだしばらく先になるのかなぁ・・・)

「バスのボタンを押すだけ」
という単純なアプリですが「ぼくもできる 自動販売機」が次男にも、ユーザーにも意外に好評なので、同じように、次男が押したがるバスのボタンが好きなだけ押せるというアプリを作りました。

しかし、自動販売機に比べて、バスに乗る子って結構少なかったりするのかな・・・。


2015年10月30日金曜日

初Unityでアプリ作ってみました。

今まで、ゲームアプリは色々作ってきましたが、全てXcode上でプログラムを組んで・・・という形で作ってきましたが、初めてUnityに手を出してみました。

■Look for people

にぎやかな街の中から 指定された人物を見つけるという、有名な「ウォー●ーを探せ」的なゲームです。
にぎやかな街の中から指定された人物を見つけよう





















モデルは、アセットストアの
SinplePeopleシリーズを使わせていただきました。
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/15126

こういう、アセットストアのアイテムが使えるのがUnityの良さだなぁと思います。




■ぼくもできる 自動販売機

自動販売機にお金を入れてジュースを買うというだけのアプリ。
うちの次男に大人気。

自動販売機

最近、自動販売機を触りたがる次男(2歳半)のために作りました。
読み通り、次男にはオオウケです。


Unity、解ってはいたことですが、実際作ってみると、開発速度がめちゃくちゃ早い!
いろんなオブジェクトの位置調整とか、物理演算の処理とか、今までのやり方でできなくは無いけど、完成までの速度が桁違いに速くなる感がありました。

問題点は・・・出来上がった実行ファイルの容量がめちゃくちゃ大きいことですかね。

2015年4月29日水曜日

世界地図パズル・国旗クイズのグルジアをジョージアに変更しました。

先日の4月22日に今まで日本語表記「グルジア」だったGeorgiaが「ジョージア」に変更されました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_002048.html

それに伴い、あそんでまなべる世界地図パズルと国旗クイズの日本語設定時のグルジアをジョージアに変更しました。

アメリカのジョージアとかぶるからややこしいという話がありますが、
それを言い出すと、別の国だけれど名前が似ているアフリカのコンゴ民主共和国とコンゴ共和国、カリブ海のドミニカ共和国とドミニカ国等、もっとややこしいところはあると思うので、住んでいる人が呼んでほしいって呼称で呼ぶのが一番いいのじゃないかなぁと思います。

2015年4月16日木曜日

あそんでまなべる日本の国立公園をリリースしました

あそんでまなべるシリーズの新作、「日本の国立公園」を先日リリースしました。

作ったきっかけは、環境省の方から日本の国立公園をPRするアプリを作って欲しいという問い合わせがあって、こちらがメインで、環境省の人が協力という形であればということで作りました。
(もともと、国立公園などを覚えるアプリも作りたいなぁと考えていたので。世界遺産を覚えるアプリ等も考えてはいますが、世界遺産は数が半端ないのと、毎年増えたりするので情報の管理が大変だなぁという点で躊躇しています。)

デザインについては、
国旗クイズでアイコンをデザインしてくれた丹羽優介くんにお願いしてみました。

アプリのデザイン全部を人にお願いするというのは初めてで、
自分一人でプログラムとデザインをやっていると、プログラムに都合の良いデザインを作るので製作時間は早くなるのですが、いつもワンパターンで面白みのないデザインになりがちだったのですが、デザイナーが作ったものをプログラムで実現するというのは、作りやすいように作るものより、色々と面白いかんじになるなぁと体感しました。